順天堂大学の臨床研究情報を公開しています。

検索結果に戻る

最終更新日:2022年01月10日
一般公開日:2019年03月22日

実施中特定臨床研究
糖尿病合併NAFLDに対するダパグリフロジンとビタミンEの効果:無作為化非盲検比較試験

順天堂大学内の複数機関で実施されている臨床研究の場合は、実施機関に、複数の実施機関が表示されています。
「実施機関数」は「実施機関 診療科/講座等①」に対応しています。

実施機関
診療科/講座等①
順天堂医院  /  消化器内科
実施機関
診療科/講座等②
静岡病院  /  消化器内科
実施機関
診療科/講座等③
浦安病院  /  消化器内科
実施機関
診療科/講座等④
順天堂東京江東高齢者医療センター  /  消化器内科
実施機関
診療科/講座等⑤
練馬病院  /  消化器内科
対象/疾患 非アルコール性脂肪性肝疾患、非アルコール性脂肪肝炎
研究責任者 池嶋 健一(順天堂医院)、玄田 拓哉(静岡病院)、北村 庸雄(浦安病院)、浅岡 大介(順天堂東京江東高齢者医療センター)、大久保 裕直(練馬病院)
研究の種類 非特定臨床研究
実施機関数 多機関共同(主導:当機関)
課題番号 J18-009
備考 ※「非特定臨床研究」として、順天堂医院臨床研究審査委員会で承認
※静岡病院 旧受付番号:倫-638
関連リンク

この非特定臨床研究の詳細は、臨床研究実施計画・研究概要公開システム(厚生労働省管轄)をご覧ください→ https://jrct.niph.go.jp/latest-detail/jRCT1031180386

結果の公表