順天堂大学の臨床研究情報を公開しています。

検索結果に戻る

最終更新日:2022年05月11日
一般公開日:2019年05月23日

実施中
腹腔鏡下胃全摘時のRoux-enY再建時のDouble Stapling TechniqueとHemi Double Stapling Techniqueの術後合併症に関する単盲検並行群間比較試験

対象/疾患 腹腔鏡下胃全摘/胃がん
実施機関数 単機関(当機関のみ)

「実施機関数」は下方の「実施機関 診療科/講座等①」に対応しています。

研究の種類 侵襲有/介入有/高リスク
研究責任者 福永 哲

順天堂大学内の複数機関・診療科/講座等で実施されている臨床研究は、以下に、並べて表示されています。

実施機関
診療科/講座等①
順天堂医院  /  食道・胃外科
実施機関
診療科/講座等②
順天堂医院  /  消化器・低侵襲外科(-2021/12)
関連リンク
結果の公表
課題番号 H18-0238
備考 旧受付番号:18-238
※2022年1月:消化器・低侵襲外科→食道・胃外科