検索結果に戻る

最終更新日:2020年02月27日
公 開 日:2020年02月27日

実施中
大腸癌肝転移切除後補助化学療法の有効性とRAS遺伝子の検討(後方視的観察研究)

実施機関 順天堂医院 診療科/講座等 肝・胆・膵外科
対象疾患 大腸がん肝転移 研究責任者 齋浦 明夫
研究の種類 侵襲無/介入無 実施施設数 多施設共同(主導:当施設)
受付番号 19-263
備考
関連リンク

オプトアウトについてのご説明は、このページ内の「オプトアウトとは?」をごらんください。

当研究についての詳しいご説明や連絡先(お電話をご希望の場合)は、このページ内の「オプトアウト詳細(PDF)」に掲載しております。


【web経由のオプトアウトにつきまして】

下にある「オプトアウト・お問い合わせ」ボタンとフォームは、オプトアウト専用の窓口(web経由)となります。そのため、お問い合わせへのご回答は、「臨床研究を実施している医療機関で、研究期間中に該当する治療を受けた方や臨床研究の対象となった方」と、させていただきたく存じます。つきましては、治療の方法等に関するお問い合わせへのご回答は難しいことを何卒、ご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。